3月に亡くなったギーレンの〈ギーレンエディション 第8集〉CD12枚組は新ウィーン楽派、初出音源含む

ミヒャエル・ギーレン・エディション 第8集【12CD】
Tower Records

これはCDですが、今年3月に亡くなった指揮者ミヒャエル・ギーレンの〈ミヒャエル・ギーレン・エディション〉第8集が6月に発売になります。CD12枚組

SWR南西ドイツ放送に保存されている音源からリリースされている、このシリーズ。今回は初出音源を含むシェーンベルク、ベルク、ウェーベルンの作品集です。

シェーンベルクの「グレの歌」は、2007年頃、SACDハイブリッドで出てましたがそれと同じ音源でしょうか……。

それはちょっとわかりませんが、CDボックスには初出音源が結構含まれるので貴重かと思います。新ウィーン楽派は曲名を見ただけでゾクッときますね。

全ての収録曲、初出音源、初CD化音源の確認はタワーレコードの方をご覧ください。

ミヒャエル・ギーレン・エディション 第8集【12CD】
Tower Records

<< トマッラ:歌劇《Fremd-未知なるもの》 のSACDハイブリッドがAmazonで発売 | main | カラヤンの70年代録音『ブルックナー全集』と『チャイコフスキー全集』がBlu-ray Audioで発売 >>