トマッラ:歌劇《Fremd-未知なるもの》 のSACDハイブリッドがAmazonで発売

トマッラ:歌劇《Fremd-未知なるもの》 [SACD Hybrid](2枚組)
Amazon
Tower Records

ハンス・トマッラの作曲した歌劇『Fremd-未知なるもの』のSACDハイブリッドが、Amazonで5月24日に発売になります。

と言ってもタワーレコードの方では2012年に発売になっていて現在は取り扱いなし。Amazonは再発売なのかもしれません。

ハンス・トマッラは1975年生まれの作曲家。歌劇『Fremd-未知なるもの』はどんな音楽か想像つきませんが、説明によると、

「ケルビーニの≪メデア≫を元に、前衛的な味付けを施した作品」

とのこと。

「ワーグナー風のうねる響きの中にモーツァルト風の音楽が顔を出す……ありとあらゆる音楽が混然一体となったところをエレクトロニクスの響きが通り抜けていきます」

と、これを読んでも、ちょっとわからないですが、とにかくSACD2枚組です。

演奏はヨハネス・カリツケ指揮、シュトゥットガルト州立歌劇場管弦楽団。収録は2011年7月、シュトゥットガルト州立歌劇場にて。

トマッラ:歌劇《Fremd-未知なるもの》 [SACD Hybrid](2枚組)
Amazon
Tower Records

<< エルトン・ジョンの半生を描いた映画『ロケットマン』のオリジナルサウンドトラックが5月24日世界発売 | main | 3月に亡くなったギーレンの〈ギーレンエディション 第8集〉CD12枚組は新ウィーン楽派、初出音源含む >>