パールマンとジョン・ウィリアムズによる映画音楽集『シネマ・セレナーデ』が初LP化

シネマ・セレナーデ / イツァーク・パールマン 【LPレコード】
Tower Records

ヴァイオリンの巨匠イツァーク・パールマンが、ジョン・ウィリアムズ指揮、ピッツバーグ交響楽団と演奏した映画音楽集『シネマ・セレナーデ』がアナログレコードで発売になります。リリースはSONY MUSIC KOREAからで初LP化。

CDが登場した80年代はアナログレコードの“初CD化”が宣伝文句でありましたが、今は逆転してCDの“初LP化”が宣伝文句であります。もちろん“初SACD化”もまだまだワクワクしておりますが。

ということで、本作のオリジナルは1997年発売のCDですが、今回初めてLPが製作されます。

ソニーミュージックのオリジナル・マスターテープから、ドイツのオプティマル・メディア社でマスタリングとカッティング。180グラム重量盤です。収録曲は以下のとおり。

1.「カラー・パープル」メイン・テーマ
2.「セント・オブ・ウーマン〜夢の香り」より 「タンゴ(ポル・ウナ・カベーサ)」
3.「愛のイエントル」より 「パパ、見守って下さい」
4.「イル・ポスティーノ」のテーマ
5.「エイジ・オブ・イノセンス〜汚れなき情事」のテーマ
6.「遥かなる大地へ」のテーマ
7.「シェルブールの雨傘」
8.「黙示録の四騎士」のテーマ
9.「サブリナ」のテーマ
10.「愛と哀しみの果て」のメイン・テーマ
11.「黒いオルフェ」より 「カーニバルの朝」
12.「シンドラーのリスト」のテーマ
13.「ニュー・シネマ・パラダイス」の愛のテーマ

シネマ・セレナーデ / イツァーク・パールマン 【LPレコード】
Tower Records

<< ブルース・スプリングスティーンの新作『ウェスタン・スターズ』アナログレコードでも発売 | main | スタン・ゲッツの1961年未発表ライヴ『Getz At The Gate:』180g重量盤LP3枚組で発売 >>