グリュミオーの『バッハ:無伴奏ヴァイオリンのソナタとパルティータ全曲』が180g重量盤lPで発売

グリュミオー / J.S.バッハ: 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲 【LPレコード】
Tower Records

アルチュール・グリュミオーの『J.S.バッハ: 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲』がアナログ・レコード3枚組で発売になります。発売は6月上旬で、Universal Koreaからのリリース。

本作は1960年、61年のステレオ録音。グリュミオーは、バッハの自筆譜によるファクシミリを用いて演奏しました。フィリップスからの初出レコード・ジャケットにはその意味で、バッハの自筆譜を用いてたというそうです。

本作でもジャケットはそのデザインのようです。音源はオリジナル・アナログマスターから、独エミール・ベルリナー・スタジオでマスタリング。プレスは独パラス社。180グラム重量盤3枚組です。

グリュミオー / J.S.バッハ: 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲 【LPレコード】
Tower Records

<< 【タワレコ限定SACDシングルレイヤー】朝比奈隆、晩年の東京都交響楽団とのライヴでブルックナーの5曲 | main | ポール・マッカートニー『エジプト・ステーション』の“エクスプローラーズ・エディション”が5月発売 >>