シノーポリのゼンパーオーパー・ライヴ集がアナログ・レコードで発売、マーラーの4番、9番など

2001年に『アイーダ』の公演中に突然亡くなった指揮者ジョゼッペ・しノーポリは、いち時代を気づいたカリスマ指揮者でしたが、80年代/デジタル時代以降の活躍のためか、高音質盤が出ていない指揮者です(いつか出ると思いますが)。

ただアナログ・レコードでは発売されます。今回アナログ・レコードで発売になるのは、晩年のシュターツカペレ・ドレスデンとの演奏。PROFILレーベルのCDで発売になった音源を今回ALTUSがライセンスしてアナログ・レコード化です。

いずれもLP2枚組でライヴ音源。LP化にあたってはLP用のリマスターを施したとのこと。録音はいずれもドレスデンのオペラ劇場、ゼンパー・オーパーです。

シノーポリといえば、デビュー時はマーラーで、その後はR.シュトラウスでしょうか。今回アナログ・レコードで発売になるのもマーラーの第4番、第9番、そしてR.シュトラウスの管弦楽曲&シューマンです。

シノーポリ/ゼンパーオーパー・ライヴ集成第1集 マーラー:交響曲第4番

シノーポリ/ゼンパーオーパー・ライヴ集成第1集 マーラー:交響曲第4番 【LPレコード】
Tower Records

1999年、ライヴ録音

シノーポリ/ゼンパーオーパー・ライヴ集成第2集 マーラー:交響曲第9番

シノーポリ/ゼンパーオーパー・ライヴ集成第2集マーラー:交響曲第9番 【LPレコード】
Tower Records

1997年、ライヴ録音

ジュゼッペ・シノーポリ/ゼンパーオーパー・ライヴ集成第3集

ジュゼッペ・シノーポリ/ゼンパーオーパー・ライヴ集成第3集 【LPレコード】
Tower Records

・R.シュトラウス:交響詩『英雄の生涯』
・R.シュトラウス:交響詩『死と変容』
・シューマン:交響曲第4番

<< カラヤンのDecca録音 SACDシングルレイヤー・シリーズ第2弾 3タイトルが予約開始 | main | BISよりSACDハイブリッド『ロシアの仮面舞踏会』プロコフィエフ、スクリャービンなどを編曲 >>