ロッチェの名盤『J.S.バッハ: ヨハネ受難曲』がRCA Red SealからCD化

J.S.バッハ: ヨハネ受難曲/ハンス=ヨアヒム・ロッチェ 【2CD】
Tower Records

これはCDですが、ハンス=ヨアヒム・ロッチェ指揮の『J.S.バッハ: ヨハネ受難曲』が発売になります。

これは1975/76年、旧東ドイツのシャルプラッテンの録音。第30代ライプツィヒ聖トーマス教会のカントールであるハンス=ヨアヒム・ロッチュが、ゲヴァントハウス管と聖トーマス教会合唱団を指揮しての『ヨハネ受難曲』。

昔からバッハ・ファンには名盤と言われていたアルバムですが、今回ソニーミュージック系のRCA Red SealからCD化。以前にキングレコードからCDが出てましたが、それとはジャケットが違います。

福音史家にはペーター・シュライヤー。他にテオ・アダムやアリーン・オジェーなど名歌手が揃っていますが、聖トーマス教会合唱団も聴き物と思われます。本当は、こういうものこそSACDでリリースしてほしいものですが。

録音は1975年と76年。ゲヴァントハウス管と聖トーマス教会合唱団によるステレオ初の『ヨハネ受難曲』で、録音はドレスデンの聖ルカ教会。

J.S.バッハ: ヨハネ受難曲/ハンス=ヨアヒム・ロッチェ 【2CD】
Tower Records

<< 【SACDラボ♪♪レビュー】をアップ。クララ『In A Different Light』 香港EvosoundのSACDハイブリッド | main | 【タワレコ限定SACD】キャスリーン・フェリアーの『大地の歌』が初SACD化、他にベームとアンセルメの名盤もSACD化 >>