チェリビダッケの東京ライヴ『ブルックナー交響曲第5番』がLP3枚組、楽章をまたぐ余裕のカッティング

チェリビダッケ&ミュンヘン・フィル / ブルックナー: 交響曲第5番 【3 LPレコード】
Tower Records

チェリビダッケ&ミュンヘン・フィルの、1986年サントリーホールでのライヴ『ブルックナー: 交響曲第5番』がアナログ・レコードでAltusから発売になります。

ただのアナログ化なら驚きませんが、今回はなんとLP3枚組

ブルックナーの第5番は、普通ならLP2枚でしょうが、3枚組です。

これはチェリビダッケの演奏が遅いということもあると思いますが、それよりカッティングを各面20分以内に収めたことが理由でしょう。

そのおかげで、第1楽章と第4楽章は面をまたぐことになりますが、これもまた面白いし、音質を考えるとアナログ・マニアには歓迎でしょう。

なお本作はSACDシングルレイヤーでも2012年に発売になっております。楽章の途中で切れるのはどうも、という方はSACDシングルレイヤーもいいでしょう。SACDはSACDラボ♪♪レビューを参考にしてください。

アナログ・レコード3枚の収録内訳は以下のとおり

アントン・ブルックナー:交響曲第5番 変ロ長調
LP1-A 第1楽章
LP1-B 第1楽章(続き、第237小節から)
LP2-A 第2楽章
LP2-B 第3楽章
LP3-A 第4楽章
LP3-B 第4楽章(続き、練習番号Iから)
ライヴ録音:1986年10月22日/サントリーホール

チェリビダッケ&ミュンヘン・フィル / ブルックナー: 交響曲第5番 【3 LPレコード】
Tower Records

<< ストーンズの『スティッキー・フィンガーズ』“スペイン・バージョン”が紙ジャケSHM-CD化、70-80年のベスト盤も | main | 【牧野良幸のこちらハイレゾ商會】今回は2xHDのハイレゾでバディ・テイト『I Cried For You』 >>