プレヴィンのモーツァルト:ピアノ協奏曲第20番、2台のピアノのための協奏曲がLP2枚組で

モーツァルト: ピアノ協奏曲第10&20番/アンドレ・プレヴィン 、 ロンドン交響楽団 【2LPレコード】
Tower Records

先頃亡くなったアンドレ・プレヴィンの作品がアナログ・レコードで発売になります。発売は6月14日。

本作はアンドレ・プレヴィンの弾き振りによる、モーツァルトのピアノ協奏曲第20番、そしてラドゥ・ルプーを共演に迎えてのモーツァルトの「2台のピアノのための協奏曲」の2曲です。

バックはロンドン交響楽団で、録音は1975年と76年。アビイロード・スタジオにて。

今回のLP化にあたり、オリジナル・マスターテープより、新たに2019年24bit/96kHzリマスターをおこなったとのこと。そしてLP2枚組となっているせいで、カッティングが通常よりゆったりしているようです。

通常はこの2曲ならそれぞれ片面に入り、LP1枚になるからです。余裕のカッティングも興味深いですね。収録は以下のとおり。

LP1
SideA ピアノ協奏曲第10番K.365(2台のピアノための協奏曲)〜第1楽章(75年録音)
SideB ピアノ協奏曲第10番K.365(2台のピアノための協奏曲)〜第2 & 3楽章(75年録音)

LP2
SideC ピアノ協奏曲第20番K.466 〜第1楽章(76年録音)
SideD ピアノ協奏曲第20番K.466 〜第2 & 3楽章(76年録音)

モーツァルト: ピアノ協奏曲第10&20番/アンドレ・プレヴィン 、 ロンドン交響楽団 【2LPレコード】
Tower Records

<< 女性トランペット奏者アリソン・バルサムの『サウンド・ザ・トランペット』が180gアナログレコードで発売 | main | 香港EvosoundレーベルのSACD、スーザン・ウォン『Woman In Love』 >>