【タワレコ企画SACD】朝比奈隆&大フィルの79/80年ブラームス交響曲全集をシングルレイヤー1枚に収録

ブラームス: 交響曲全集(1979,80) 【SACDシングルレイヤー 】
Tower Records

タワーレコード限定SACDシングルレイヤーが発売になります。朝比奈隆のビクター原盤で『ブラームス: 交響曲全集(1979,80)』。

本作はタワレコ企画のSACDシングルレイヤーとしては第4弾。朝比奈隆の生誕111年記念として、限定600本のシリアル・ナンバー付きです。発売は4月26日。

本作は、1979年から1980年にかけて神戸文化ホールでおこなわれた大阪フィルハーモニー交響楽団との公開録音。杉本一家氏による2019年最新リマスタリング。SACDシングルレイヤーの長時間収録をいかして、ブラームスの4つの交響曲を1枚のSACDに収録しています。収録時間180分超。

単体デジパック仕様で、CDセット発売時のジャケットデザインを使用。解説書は28ページで、宇野功芳をはじめ門馬直美、村田武雄らのものを収録。またLP資料集、CD資料集もつくとのことです。収録曲は以下のとおり。

1. ブラームス:交響曲 第1番 (録音1979年4月17日)
2. ブラームス:交響曲 第2番 (録音1979年4月13日)
3. ブラームス:交響曲 第3番 (録音1979年4月14日)
4. ブラームス:交響曲 第4番 (録音1980年2月9日、10日)
録音:神戸文化ホール

ブラームス: 交響曲全集(1979,80) 【SACDシングルレイヤー 】
Tower Records

<< 【SACDラボ♪♪レビュー】2時間19分を一気に聴いてしまったクイケン『J.Sバッハ:クリスマス・オラトリオ』 | main | EXTONよりSACDハイブリッド 飯森範親&日本センチュリー響のハイドン交響曲シリーズ第7弾 >>