【SACDラボ♪♪レビュー】2時間19分を一気に聴いてしまったクイケン『J.Sバッハ:クリスマス・オラトリオ』

SACDラボ♪♪レビューにクイケンのSACDハイブリッド『J.S.バッハ:クリスマス・オラトリオ BWV.248(全曲)』のレビューをアップしました。

これはチャレンジ・クラシックからの再発売SACD。レビューに書いたとおり、1パート一人は非常に聴きやすく、2時間19分を一気に聴いてしまいました。これまで『クリスマス・オラトリオ』はアーノンクールのSACDを聴いていましたが、クイケン盤の方が当分聴いてしまいそうです。

レビューを読むにはこちら

<< ブラインド・フェイスの『Blind Faith』アビイ・ロード・スタジオでのハーフ・スピードマスタリングによる180g重量盤LPが発売 | main | 【タワレコ企画SACD】朝比奈隆&大フィルの79/80年ブラームス交響曲全集をシングルレイヤー1枚に収録 >>