PENTATONEのSACD『ディドとエネアス』はパーセルの歌劇をジャズ/クラシック風に再構成?

ディドとエネアス / カレファックス・リード五重奏団 、 Eric Vloeimans 【SACDハイブリッド】
Tower Records

PENTATONEからSACDハイブリッドが発売です。カレファックス・リード五重奏団による『ディドとエネアス』。

本作はヘンリー・パーセルの歌劇「ディドとエネアス」を再編成し、トランペット奏者エリック・フロイマンスがアレンジをほどこした作品。ジャズ、カリプソ、クレズマーの要素をふんだんに取り入れたとのこと。

いったいパーセルがどんな音楽になったか予想つきにくいですが、YouTubeにプロモーション動画がアップされているので、それを聴くとすぐにわかるのでした。下に載せておきます。

哀愁の漂うトランペットが印象的です。演奏はカレファックス・リード五重奏団と、エリック・フロイマンスもトランペットで参加。他にサックス、オーボエ奏者も参加しているようです。

ディドとエネアス【SACDハイブリッド】
Tower Records

<< 藤田恵美『camomile colors』が180gアナログ・レコードで発売 | main | タワレコがレイチェル・ポッジャーの厳選セールを開始 SACDハイブリッドは12タイトル >>