PENTATONEよりSACD、カルダー四重奏団のベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第3番&第14番ほか

ベートーヴェン: 弦楽四重奏曲第3番&第14番、ヒルボリ: コングスガード変奏曲 【SACDハイブリッド】
Tower Records

PENTATONEからSACDハイブリッドが4月に発売です。カルダー四重奏団によるPENTATONE第1弾。ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第3番と第14番、その2曲の間にヒルポリ作曲の「コングスガード変奏曲」を収録というスタイルです。

ベートーヴェンの方はともかく、アンデシュ・ヒルボリという作曲家は初耳ですが、1954年にストックホルム生まれ。「コングスガード変奏曲」は2006年の作品で「ベートーヴェンの変奏曲を思わせる構成で、生き生きとしたこの上なく美しい響きが印象的」と輸入元メーカーは紹介しております。

録音は2018年5月でマルチチャンネルも収録。収録曲と時間は以下のとおり。結構な収録時間になりますね。

・ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第3番  Op.18-3(26'25")
・ヒルボリ:コングスガード変奏曲(13'58")
・ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第14番  Op.131(38'30")

ベートーヴェン: 弦楽四重奏曲第3番&第14番、ヒルボリ: コングスガード変奏曲 【SACDハイブリッド】
Tower Records

<< BISよりSACD、“弦楽トリオ”によるバッハ:ゴルトベルク変奏曲 マルチ収録 | main | PENTATONEからSACD『チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲』編曲“パ・ド・ドゥ”“手紙の場”なども収録 >>