細野晴臣の『はらいそ』『フィルハーモニー』がSACDハイブリッド&アナログレコードで発売

この情報は読者の吉田さんからいただきました。ありがとうございました。

読者の吉田さんから教えていただきましたが、YMOのSACDハイブリッドに続き、細野晴臣のソロ作品『はらいぞ』と『フィルハーモニー』もSACDハイブリッドアナログレコード(33回転)で発売になります。

発売は5月15日予定。今のところタワーレコードとAmazonで予約受付中ですが、SACDはタワーレコードだけでアップされております。YMOの『BGM』『Technodelic』のSACDハイブリッドが5月29日ですから、新しい元号となった5月はYMOファンには楽しみな月になりますね。

さて今回の細野作品のSACD&アナログ盤リイシューですが、音源は砂原良徳による最新リマスタリング。アナログレコードはアメリカのバーニー・グランドマン・マスタリングによるカッティング。

ここから『HOSONO HOUSE』『トロピカル・ダンディー』『泰安洋行』のSACD化も期待したくなりますね(^-^)

『はらいそ』 (1978年)SACDとアナログレコード

【SACDハイブリッド】
Tower Records 特典あり

1978年発表の“イエロー・マジック・バンド”名義のソロ作品。『トロピカル・ダンディー』(1975年)、『泰安洋行』(1976年)に続くトロピカル三部作の完結編。坂本龍一、大貫妙子、鈴木茂らが参加した楽園ミュージックの名盤。

『フィルハーモニー』 (1982年)SACDとアナログレコード

【SACDハイブリッド】
Tower Records 特典あり

1982年、YMO時代に高橋幸宏と設立したYENレーベル第1弾のソロ作品。加藤和彦、立花ハジメ、上野耕路らが参加。

<< ジョンとヨーコの『ウェディング・アルバム』50周年盤が3月22日に発売 (LPとCD) | main | 細野晴臣が自身の名作を再録音した『HOCHONO HOUSE』、アナログ・レコードで発売 >>