バックハウスの『ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集』が初SACD化 2セット各3枚組シングルレイヤー

ユニバーサルからヴィルヘルム・バックハウスの『ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集』が初SACD化されます。発売は4月24日。発売になるのはVo.1とVol.2の2パッケージで、ともにSACDシングルレイヤー3枚組。CDでは全集が8枚になるところが、SACDでは6枚。SACDの長時間収録を活かしています。

音源はバックハウス没後50年となる今年に初めてDSDリマスタリングされたもの。

録音はバックハウスの晩年となる1958年から1969年のステレオ録音。ただ第29番のみ1回目の1952年のモノラル録音です。バックハウスがDeccaに録音したうち、協奏曲のいくつかはSACD化されていますが、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集は初めて。SACDシングルレイヤーでの発売は楽しみです。

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集Vol.1 【3 SACD】

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集Vol.1 【3 SACD】
Tower Records
Amazon

ピアノ・ソナタ第1番から第17番「テンペスト」までステレオ収録。録音は1958年から1969年。ジュネーヴ、ヴィクトリア・ホール。

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集Vol.2 【3 SACD】

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集Vol.2 【3 SACD】
Tower Records
Amazon

ピアノ・ソナタ第18番から第32番を収録。第29番が1952年4月モノラル録音。他は1958年から1969年までのステレオ録音。ジュネーヴ、ヴィクトリア・ホール

<< 【タワレコ限定SACDがセール】1枚なら10%オフ、2枚まとめてなら20%オフ[2] | main | BISよりSACDハイブリッド、シリーズ最新の『ペッテション: ヴァイオリン協奏曲第2番&交響曲第17番』 >>