90年代ソニークラシカル渾身の“リゲティ・エディション”がCD9枚組 廉価ボックスで発売

ジェルジュ・リゲティ: マスターワークス 【9 CD】
Tower Records

これはCDですが、20世紀ハンガリーの作曲家、ジョルジュ・リゲティ(1923-2006)の作品を収録したCDボックス『ジェルジュ・リゲティ: マスターワークス 』が発売になります。CD9枚組

これはソニークラシカルが、リゲティ在命中、1990年代に録音をすすめた渾身の企画〈リゲティ・エディション〉をまとめたもので、SACDラボ♪♪も当時CDを1枚づつ買っていきました。

結局この企画は、作曲家の死によって中断したのではなかったでしょうか。エディション1〜7、そしてオペラ『ル・グラン・マカーブル』(2枚組)の8タイトルが出て終わったと思います。

現代音楽というと分かりにくいものが多いですが、リゲティはミニマル・ミュージックにも通じた部分がありましたし、他にも色々なスタイルがあるにせよ、SACDラボ♪♪は結構好きで、現代音楽では武満徹の次に好きな作曲家でした。

また当時はピアノ曲「ムジカ・リチェルカータ」を、スタンリー・キューブリックの新作『アイズ・ワイド・シャット』の中で使用したため、それも話題になったと思います。SACDラボ♪♪も映画が動機でCDを買い始めた口と思います。「ムジカ・リチェルカータ」はこのボックスにももちろん入っております。

当時は1枚のCDが高かったわけですが、今回のCDボックスは、CD9枚組で3千円台。昔を知っている者には大変リーズナブルな価格ろ思いますので、興味のある方はチェックしてみてください。ボックスの収録内容は以下のとおり。

CD1 室内楽作品集
CD2 ア・カペラ合唱作品集
CD3 ピアノ作品集
CD4 声楽作品集
CD5 自動演奏楽器のための作品集
CD6 鍵盤楽器のための作品集
CD7 室内楽作品集
CD8&9 歌劇『ル・グラン・マカーブル』(2枚組)

ジェルジュ・リゲティ: マスターワークス 【9 CD】
Tower Records

<< BISよりSACD マーラー交響曲第10番の室内楽オーケストラによる補筆完成版 | main | フラグスター&オスロ・フィルのワーグナー『神々の黄昏』がオリジナルマスターテープより初CD化 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...