BISよりSACD マーラー交響曲第10番の室内楽オーケストラによる補筆完成版

マーラー: 交響曲第10番 嬰ヘ長調(ミケーレ・カステレッティ補完&室内オーケストラ版) 【SACDハイブリッド】
Tower Records

BISよりSACDハイブリッドが発売です。マーラーの未完に終わった交響曲第10番の“完成版”。それも室内オーケストラ編成での完成版です。

マーラーの交響曲第10番は未完成で、完成されている第1楽章の「アダージョ」だけが演奏されるのが常でしたが、ここのところ補筆して全体を完成させる版がいくつか出てきました。

今回の完成版は作曲家、指揮者として活躍するミケーレ・カステレッティという人の補筆完成版だそうです。今や完成版には驚かないですが、今回は室内楽編成というところが興味深いですね。

演奏はヨン・ストゥールゴールズ指揮、ラップランド室内管弦楽団。録音は2017年、フィンランドのコルンディ文化の家のホール。

マーラー: 交響曲第10番 嬰ヘ長調(ミケーレ・カステレッティ補完&室内オーケストラ版) 【SACDハイブリッド】
Tower Records

<< Mobile Fidelityスティーヴィー・レイ・ヴォーン『Texas Flood』45回転LP 米Amazonで予約開始 | main | 90年代ソニークラシカル渾身の“リゲティ・エディション”がCD9枚組 廉価ボックスで発売 >>