CHANDOSよりSACDベルリオーズ《キリストの幼時》アンドリュー・デイヴィス指揮メルボルン響

ベルリオーズ:オラトリオ 《キリストの幼時》 /アンドリュー・デイヴィス、メルボルン響 【SACDハイブリッド】
Tower Records

CHANDOSからSACDハイブリッドが発売。『ベルリオーズ: オラトリオ 《キリストの幼時》 Op.25』、SACDハイブリッド2枚組となります。

ベルリオーズ没後150周年ということで、最近はベルリオーズのタイトルがよく出ますね。

オラトリオ 「キリストの幼時」は、ヘロデ王の幼児虐殺と聖家族の避難を題材にした大作。昔はベルリオーズというと幻想交響曲でしたが、この頃はこの 「キリストの幼時」とか「ファウストの劫罰」のような声楽曲に惹かれてしまうところがあります。これも没後150年だからでしょうか。

演奏はアンドルー・デイヴィス指揮メルボルン交響楽団。録音は2018年6月、メルボルンのハマー・ホールにて。

ベルリオーズ:オラトリオ 《キリストの幼時》 /アンドリュー・デイヴィス、メルボルン響 【SACDハイブリッド】
Tower Records

<< 河野智美(ギター)のSACDハイブリッド『ザ・スペイン』が発売 | main | サンタナの新作『In Search of Mona Lisa』がアナログ・レコードでも発売 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...