MD+GからSACD、『ベートーヴェン:劇音楽「エグモント」作品84』

ベートーヴェン: 劇音楽『エグモント』 【SACDハイブリッド】
Tower Records

MD+GからSACDハイブリッドが発売です。ディルク・カフタン指揮ベートーヴェン・オーケストラ・ボンによる『ベートーヴェン: 劇音楽〈エグモント〉』 。

普通「エグモント」というと、序曲「エグモント」だけが取り上げられることが多いですが、劇音楽「エグモント」作品84という曲もあります。これもベートーヴェンの音楽らしくて良さそうな曲です。

本作ではソプラノが歌うのはこれまでどおりと思いますが、ナレーター役のMatthias Brandtが劇作家のTilman Bottcherとともに手がけた新しい台本での演奏のようです。

ベートーヴェン: 劇音楽『エグモント』 【SACDハイブリッド】
Tower Records

<< MD+GからSACD、アルト・サキソフォンとピアノのための作品集 | main | MD+GからSACD、バロック期の作曲家ヴェックマンの作品を荘厳なオルガンで奏でる >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...