アップルビル屋上ライヴから50年『ルーフトップ・コンサートのビートルズ 世界を驚かせた屋上ライブの全貌』

ルーフトップ・コンサートのビートルズ 世界を驚かせた屋上ライブの全貌 【書籍】
Tower Records
Amazon
楽天ブックス

本日1月30日は、ちょうど50年前にビートルズがアップル・オフィスの屋上で演奏をした日にあたります。

“ルーフ・トップ・コンサート”と今日呼ばれるその時の演奏は、最後のアルバム『レット・イット・ビー』の音源になり、映像は映画『レット・イット・ビー』のクライマックスで使用されました。

その“ルーフ・トップ・コンサート”に焦点をあてた本が本日発売になりました。トニー・バレル著(葛葉哲哉訳)の『ルーフトップ・コンサートのビートルズ 世界を驚かせた屋上ライブの全貌』(DU BOOKS)です。出版元のDU BOOKSはディスクユニオンの出版部門。

今までビートルズの本は星のようにありましたが、“ルーフ・トップ・コンサート”のみに焦点をあてた本は初めてかと思います。本書の内容は演奏が始まるまでのメンバーの様子と、渦中にいた人々の証言によるドキュメンタリーとのこと。

著者のトニー・バレルは音楽ライターで、「1969年にビートルズが屋上で演奏したと聞いた時は、当時小学生だったため見に行けなかったことをひどく悔やんだらしく、その日以来ルーフトップ・コンサートに魅せられ続けている」とのこと。

本書はA5版で232ページ(予定)ということ。どれくらいの内容かわかりませんが、気になる本ですね。

痛々しい沈黙。その時突然、バンドリーダーとしてのジョン・レノンが蘇った。「クソったれ、やってやろうじゃねぇか!」と叫んだジョンに度肝を抜かれ、ジョージもリンゴも口をつぐんだ。数分のうちに4人は一列になって螺旋階段を上がり、観衆の前で演奏する最後のコンサートに臨んだ。 ――本文より――

1969年1月の寒さ厳しいある日の昼どき、ロンドン、サヴィル・ロウ界隈にエレクトリック・ギターの音が鳴り響いた。通りや建物に人々が集まり、何が起こったか確かめようと、屋根やポストによじのぼる者もいた。彼らは昼食を忘れて音楽に聴き入った。最後のライブから2年半余り。ビートルズは新曲「ゲット・バック」、「ドント・レット・ミー・ダウン」など数曲を屋上から響き渡らせ、仕立て職人たちの上品な耳をざわつかせた。

ルーフトップ・コンサートのビートルズ 世界を驚かせた屋上ライブの全貌 【書籍】
Tower Records
Amazon
楽天ブックス

<< ハイティンクのBlu-ray Audio“マーラー”“ブルックナー”がタワーレコードでも予約開始、詳細説明あり | main | クイケンの2枚組SACD『クリスマス・オラトリオ』再発がタワレコでお安い >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...