フリッチャイの『ベートーヴェン: 三重協奏曲』がLPで発売 アンダ、フルニエ、シュナイダーハン

ベートーヴェン: 三重協奏曲 / フリッチャイ、ゲザ・アンダ、フルニエ、シュナイダーハン 【LPレコード】
Tower Records

ドイツ・グラモフォンの名盤『ベートーヴェン: 三重協奏曲』がアナログ・レコードで発売になります。

これは1960年、イエス・キリスト教会での録音で、ピアノにゲザ・アンダ、ヴァイオリンにヴォルフガング・シュナイダー、チェロにピエール・フルニエを揃えての録音。バックはフェレンツ・フリッチャイ指揮ベルリン放送交響楽団です。

正式名「ピアノ、ヴァイオリン、チェロのための三重協奏曲」は、69年の旧EMIのカラヤン指揮リヒテル、ロストロポーヴィチ、オイストラフが有名ですが、フルニエがチェロを弾く本作も魅力的な演奏であります。今のところ高音質盤は出ていないと思うので、アナログ・レコードもアリかと思います。

ベートーヴェン: 三重協奏曲 / フリッチャイ、ゲザ・アンダ、フルニエ、シュナイダーハン 【LPレコード】
Tower Records

<< MD+Gよりシューマン夫妻とブラームスの音楽をクラリネットで演奏したSACDが発売 | main | フランク・ザッパ『ザッパ・イン・ニューヨーク』40周年エディション CDボックスと180g重量盤LPでリリース >>