Blu-ray Audioフリッチャイ『ドン・ジョヴァンニ』、マルケヴィッチ 『ファウストの劫罰』がタワレコで予約開始

先日お伝えしたドイツ・グラモフォンのBlu-ray Audio、2タイトルがタワーレコードでも予約開始となりました。

フリッチャイ指揮の『モーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」』とマルケヴィッチ指揮の『ベルリオーズ「ファウストのファウストの劫罰」』 です。

どちらもジャケット画像も出ていますし、詳しいデータも書かれているので、チェックもしやすいかと。

フリッチャイの『ドン・ジョヴァンニ』全曲 1958年ステレオ録音

モーツァルト: 歌劇『ドン・ジョヴァンニ』/フリッチャイ 【3CD+Blu-ray Audio】
Tower Records

夭折の指揮者フリッチャイとベルリン放送交響楽団による、1958年のステレオ録音(イエス・キリスト教会)。当時フリッチャイはグラモフォンにすごく期待されていたのが分かりますので、こうしてオペラも高音質化されるのは嬉しいかぎりです。ドン・ジョヴァンニを歌うのはディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ。

鬼才マルケヴィチのベルリオーズ「ファウストの劫罰」

ベルリオーズ: 劇的物語『ファウストの劫罰』/マルケヴィチ 【2CD+Blu-ray Audio】
Tower Records

ベルリオーズは「幻想交響曲」だけでなく、この「ファウストの劫罰」でも天才ぶりがうかがえます。それをイーゴリ・マルケヴィチが指揮をした1959年ステレオ録音。

SACDラボ♪♪は「ファウストの劫罰」は小沢征爾のSACD(PENTATONEのQuad収録のもの)を持っているのですが、このマルケヴィッチ盤のほうが聴く機会が多いです。

愛聴しているのはオープンリール・テープなのですが、合唱がやたら張り切っているのが好きで、ついマルケヴィッチの方を聴いてしまうんですよねえ。よかったら聴いてみてください。

<< Mobile Fidelityより45回転LPビル・エヴァンス『Portrait in Jazz』、S.レイ・ヴォーン『Texas Flood』 | main | ピエール・フルニエの名演奏“バッハ:無伴奏チェロ組曲”がBlu-ray Audioで発売 >>