2018年8月聖フローリアン修道院教会でのライヴ、ブルックナーの第7番がSACDで発売

ブルックナー: 交響曲第7番 /レミ・バロー、聖フローリアン・アルトモンテ管弦楽団 【SACDハイブリッド】
Tower Records 輸入盤
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様

レミ・バロー指揮ザンクトフローリアン・アルトモンテ管弦楽団のSACDが発売になります。ブルックナーの交響曲第7番。2018年8月、オーストリアのザンクトフローリアンにある聖フローリアン修道院教会での収録です。

これはブルックナー音楽祭のハイライトを飾る演奏。録音された聖フローリアン修道院教会は、ブルックナーが若い頃にオルガン奏者として演奏していたところ。残響10秒という、普通のホールに比べるとかなり長い残響がSACDでどう聴けるか興味深いところでしょうか。当日の演奏の模様は動画でも出ています。

ブルックナー: 交響曲第7番 /レミ・バロー【SACDハイブリッド】
Tower Records 輸入盤
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様

<< LSO LiveのSACD、ノセダ指揮『チャイコフスキー:交響曲第4番、ムソルグスキー:展覧会の絵』 | main | PENTATONEからSACD、アンナ・ルチア・リヒターが歌う『シューベルト:歌曲集』 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...