BISよりSACD、ジャン=ギアン・ケラスと18人の音楽家による“異文化交流アルバム”

ジャン=ギアン・ケラス他 / ヨエル・ボンス: 遊牧の民 【SACDハイブリッド】
Tower Records

BISよりSACDが発売。名チェリスト、ジャン=ギアン・ケラスと18人の音楽家による『ヨエル・ボンス: 遊牧の民』。宣伝的には“異文化交流アルバム”という触れ込みです。

演奏する曲は、ヨエル・ボンス(1952-)作曲の「遊牧の民」という作品。文章で説明するのはとても大変ですが、幸い動画がありますので、そちらを聴いていただければ、雰囲気はイッパツでわかると思います。

異文化ということで、ドゥドゥク(アルメニア)、シェン(笙)(中国)、笙(日本)、尺八(日本)、セタール(ペルシャ)、二胡(中国)などなど、民族楽器がふんだんに出てきますが、動画を見る限り、ピッタリ溶け合っていて結構面白いのではないでしょうか。録音は2016年、アムステルダムで。

ジャン=ギアン・ケラス他 / ヨエル・ボンス: 遊牧の民 【SACDハイブリッド】
Tower Records

<< BISからSACD、タン・ドゥンのヴァイオリン協奏曲「ラプソディとファンタジア」&「火の儀式」 | main | 【牧野良幸 こちらハイレゾ商會】YMO『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』のエッセイ >>