ノセダ指揮『マーラー:交響曲第9番』がSACDハイブリッドとアナログレコードで発売

マーラー: 交響曲第9番 / ノセダ&トリノ王立歌劇場管弦楽団 【SACDハイブリッド】
Tower Records
Amazon

1964年イタリア・ミラノ生まれの指揮者ジャナンドレア・ノセダのSACDハイブリッドが発売になっています。

ノセダが音楽監督を務めているトリノ王立歌劇場管弦楽団との『マーラー:交響曲第9番』です。リリースはFoneレーベルから。

ノセダはロンドン交響楽団の首席客演指揮者も務めていて、昨年にLSO Liveからも『ショスタコーヴィッチ:交響曲第8番』のSACDハイブリッドを出したところでした。

ちなみに、こういったレーベルでは珍しく(?)アナログ・レコードも一緒に発売になっております。こちらは2枚組。各楽章を1面づつに収録となります。

アナログレコード(2枚組)でも発売中

マーラー: 交響曲第9番 【LPレコード】
Tower Records
Amazon

<< b-sharpからSACD、フォルテ・ピアノによるベートーヴェン時代の作曲家ブルグミュラー、シュンケ、フンメルのピアノソナタ | main | サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン付き」が“オルガン協奏曲風”となって世界初録音、SACDで発売 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...