平成最後の年初め、ファン目線でSACDの歴史を振り返ってみました

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

平成も最後の年を迎えるにあたり、年初めにSACD、高音質盤の歴史を振り返ってみようかと思います。

と言っても業界側からの分析ではなく、あくまでいちリスナー目線での歴史で、クラシック・ファンとジャズ、ロック・ファンでは体感が違うかもしれません。グラフはベージビュー、ネットショップへの読者のアクセスなどを参考に製作しました。年代は大雑把ですのでご承知おきください。

1999年 SACD(スーパーオーディオCD)が発売

  • 1999年5月にソニーがSACDを発表。プレーヤー1号機はSONY SCD-1。価格は50万円。
  • SACDラボ♪♪。新聞発表を見てプレーヤーの価格で諦める。以後は頭からも消えてしまいました(^-^;

2005年あたり

  • SACDラボ♪♪、2005年にCDプレーヤーを買い換えるにあたって調べると、SACDプレーヤーの価格が下がっていることを発見。SACDとDVD-Audioが再生できるユニバーサル・プレーヤーが登場し価格も手頃。20万円代のユニバーサル・プレーヤーを購入。最初はSACDとDVD-Audioを2chでのみ聴く。
  • SACD、DVD-Audioが積極的に市場展開。SACDは当初の2chのみからマルチチャンネルも登場。またCDプレーヤーでも再生できるSACDハイブリッド仕様として一般的になる。シングルレイヤーは一旦消えることに。
  • SACDを押すソニーミュージック以外でも、海外・国内メジャーレーベルから有名アーティストのSACDが全ジャンルでひととおり出たのもこの頃。

2006年から2012年は、円高での第1次ピーク

  • SACDラボ♪♪、AVアンプを買ってSACDマルチチャンネルのリスニングへ。
  • この時期DVD-Audioが普及せず企画終了。
  • ボブ・ディラン、ストーンズのSACDは出るものの、その後海外のポップスがSACDから撤退。クラシックも有名アーティストのSACDが出なくなる。しかしEMIがクラシックの旧タイトルをSACDハイブリッド化、フルトヴェングラーのSACD化で盛り上げる。PENTATONEも好調。
  • リーマン・ショック、東日本大震災があったにも関わらず、日本では超円高で新譜の輸入盤がAmazonで異常な安さに。2枚組で千円台。3枚組で2千円台もざら。この2012年初頭あたりがSACDラボ♪♪的に最初のピークでした。

2013年から2014年

  • 安倍内閣発足で円安が始まると輸入盤の価格が高くなり(普通になり?)、Amazonで前ほど買えなくなる。EMIもワーナーに買収、海外メジャーからのクラシックSACDはたち消えに。人気のPENTATONEもアーティストの世代交代があってか、ちょっと下火に。
  • SACDの不信を打破するためにBlu-ray Audioが登場するも最初はピンとこず。
  • 総じて、この時期は熱が冷めていくところがありました。

2015年から2018年は第二のピーク

  • 2015年あたりにタワーレコードが独自のSACDを発売開始。これが今日までクラシックファンのSACD熱を盛り返すことに。
  • 絶滅状態だったポップスのSACDは、Mobile FidelityAudio FidelityのSACDで再び活況に。特にAudio Fidelityは忘れられていたQuadoraphonic(4チャンネル)収録SACDを世に出して俄然人気に。
  • 国内ユニバーサルがSACDをシングルレイヤーで発売して人気。
  • さらに一時冷えていたソニーミュージックもSACDマルチチャンネル・エディションを企画。SACDシングルレイヤーも発売。
  • 根強くSACDの人気を支えていたエソテリックも、ボックスのSACDなど積極化。
  • 海外のメージャーレーベルがBlu-ray Audioでクラシック発売。ポップスもビートルズを始めサラウンド化されたBlu-ray Audioが恒常化しつつあり、多数発売される。

こうして2015年から2018年にかけては、SACDラボ♪♪の個人的な視点/環境では、最初の円高時代のピークに匹敵する人気となっていると思います。

不況と言われる音楽ソフト全体から見れば、ほとんどゼロに等しいかもしれませんが、これを読んで今年もレーベルがSACDをリリースしてくれることを願ってやみません。

それではみなさん、今年もよろしくお願いします(^-^)

<< Heads Upの昔のSACDで、まだAmazonで取り扱い中のもの | main | [CD]小澤&サイトウキネン、ムター共演の年末12月5日の東京ライヴ音源が1月1日に早くも発売 >>