CHANDOSからSACD、ガードナー&バーミンガム市響の〈シューベルト 交響曲集〉第1弾が発売

シューベルト: 交響曲集 Vol.1 /エドワード・ガードナー、バーミンガム市交響楽団 【SACDハイブリッド】
Tower Records 輸入盤
Tower Records 輸入盤・国内流通仕様

ChandosからSACDハイブリッドが発売。メンデルスゾーンをはじめ多数のSACDをリリースしている指揮者エドワード・ガードナーの新作でシューベルトの交響曲集シリーズです。

その第1弾のSACDハイブリッド『シューベルト:交響曲集 Vol.1』が発売。交響曲第3番、第5番、第8番「未完成」を収録。

オーケストラはバーミンガム市交響楽団です。発売は2月10日予定で、輸入盤と輸入盤国内仕様があります。

最近は気のせいかシューベルトの交響曲全集の録音をお知らせする機会が多いような気がします。シューベルトといえば長いこと「未完成」か「グレート」ばかりでしたので、この機会に他の交響曲を聴いてみるのもいいかもしれません。

録音は2018年7月でバーミンガムのタウン・ホールにて。サラウンドを収録とタワーレコードにはアナウンスされております。

シューベルト: 交響曲集 Vol.1 /エドワード・ガードナー、バーミンガム市交響楽団 【SACDハイブリッド】
Tower Records 輸入盤
Tower Records 輸入盤・国内流通仕様

<< レイチェル・ポッジャーがバッハ「無伴奏チェロ組曲」を“ヴァイオリン”で演奏 世界初録音 | main | フルニエの「無伴奏チェロ」72年東京ライヴのSACDシングルレイヤーが、ジャケットを替え再発売 >>