カラヤン&ウィーン・フィルのビゼー「カルメン」がSACDシングルレイヤーで再発、2枚組で

ビゼー:歌劇「カルメン」(全曲)/カラヤン、ウィーン・フィル 【2 SACDシングルレイヤー】
Tower Records
Amazon

先日ソニーミュージック(BMG/RCA)のヴァントのSACDシングルレイヤーの話題を書きましたが、一つタイトルが抜けておりました。2008年にSACDハイブリッドで限定発売された、カラヤン指揮ウィーン・フィルの『ビゼー:歌劇「カルメン」』がSACDシングルレイヤー化されて再発売です。 2月27日発売。

SACDシングルレイヤーのため、2008年盤SACDハイブリッドでは3枚だったものが、今回はシングルレイヤー2枚に収録。加えて音匠レーベル仕様を採用。

ただ今回のSACDシングルレイヤー盤では、日本語対訳はついておらず、普通のマルチケース仕様のようです。しかし2008年盤は10,500円(税込 5%時代)だったのが、今回7,560円(税込)なのですから、高音質ファンには、音質面を含めて今回の方がグッドではないでしょうが。。

オリジナルはデッカのジョン・カルショウがプロデュースした1963年録音。ショルティの『指輪』と同じく、レコード鑑賞の醍醐味を追求したデッカ・サウンドのレコードであります。当時黄色いパッケージの〈ソリア・シリーズ〉としてレコード愛好家にむけて発売されました。

2008年のSACDハイブリッド化の時も〈ソリア・シリーズ〉の復刻を目指した豪華なブックレットということで話題となり、ヴァントの『ブルックナー交響曲選集』と同じく宝物級で、持っていると内心優越感をくすぐるSACDでした。中古市場でも高値だったものです。2008年のSACDハイブリッド盤のレビュー(今回のSACDシングルレイヤーとは内容に違いがありますのでご注意を)がありますのでよかったら参考にしてください。

ビゼー:歌劇「カルメン」(全曲)/カラヤン、ウィーン・フィル 【2 SACDシングルレイヤー】
Tower Records
Amazon

<< ヴァントの『ブルックナー交響曲選集』『ベートーヴェン交響曲全集』がSACDシングルレイヤーで再発売 | main | バルビローリの『ブラームス: 交響曲全集』が180gアナログLP 4枚組で発売 >>