BISよりSACD、ポスト・ロマンティシズム〜モダニズム期の作曲家によるピアノ五重奏曲

カトワール、フリードマン: ピアノ五重奏曲 【SACDハイブリッド】
Tower Records

BISよりSACDが発売です。ピアノ五重奏のアルバムですが、ゲオルギー・ルヴォヴィチ・カトワール(1861-1926)とイグナツィ・フリードマン(1882-1948)の作曲による2曲を収録。どちらも19世紀後半から20世紀前半に活動した作曲家です。フリードマンはポーランド出身のピアニストとしての方が有名かもしれません。

SACDラボ♪♪は不勉強でどちらの曲も聴いた事がありませんが、ポスト・ロマンティシズムからモダニズムにかけての時代に書かれたピアノ五重奏曲。ちょっと興味深くはあります。収録は2017年ストックホルムでのセッション録音。

カトワール、フリードマン: ピアノ五重奏曲 【SACDハイブリッド】
Tower Records

<< 【タワレコ限定SACD】朝比奈隆『ベートーヴェン交響曲全集、ミサ曲集』シングルレイヤー | main | BISよりSACD、スウェーデンのバロックでルーマン作曲「ゴロヴィン伯爵の祝宴のための音楽」 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...