【タワレコ限定SACD】朝比奈隆『ベートーヴェン交響曲全集、ミサ曲集』シングルレイヤー

ベートーヴェン: 交響曲全集、ミサ曲集(1977-78年ライヴ)、<特別収録>交響曲第5番(1982年ライヴ)【SACDシングルレイヤー 】
Tower Records

タワーレコード限定SACDが発売です。朝比奈隆のSACDシングルレイヤー第3弾で、今回は朝比奈隆の2回目のベートーヴェン全集となる『ベートーヴェン交響曲全集、ミサ曲集』です。SACDシングルレイヤー3枚組で1月25日発売。

これは『ブルックナー交響曲全集』『ブルックナー交響曲第4・7・8番&序曲<東京カテドラル・ライヴ>』に続くもの。

前作に続き今回もビクター原盤SACD化となります。大阪フィルハーモニー交響楽団との演奏で、1977年、78年に大阪フェスティバルホールでの収録。このホールは響きのいいホールとして有名でしたね(現在は建て直し済み)。ただ特別収録の「運命」だけは1982年の東京文化会館での収録です。

音源は2018年最新マスタリング。ベートーヴェンの交響曲以外に「荘厳ミサ曲」「ミサ曲ハ長調」なども収録しています。全部で9時間強の収録時間ですが、SACDシングルレイヤーの長時間収録をいかして3枚に収録。デジパック仕様で限定700セットのシリアルナンバー付き。ライナーノートも56ページの豊富なものらしいです。

ベートーヴェン: 交響曲全集、ミサ曲集(1977-78年ライヴ)、<特別収録>交響曲第5番(1982年ライヴ)【SACDシングルレイヤー 】
Tower Records

<< ジョニ・ミッチェルが自曲53曲を編纂した『Love Has Many Faces』がLP8枚組ボックスで発売 | main | BISよりSACD、ポスト・ロマンティシズム〜モダニズム期の作曲家によるピアノ五重奏曲 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...