ジョニ・ミッチェルが自曲53曲を編纂した『Love Has Many Faces』がLP8枚組ボックスで発売

ジョニ・ミッチェル / Love Has Many Faces: A Quartet, A Ballet, Waiting To Be Danced 【LPレコード】
Tower Records
Amazon

このところ健康状態の報道が多いジョニ・ミッチェルですが、これはアナログ・レコードの話題です。11月2日に発売になったLP8枚組によるセット。

これは2014年にCDでリリースされたコンピレーションアルバム『Love Has Many Faces』のアナログ化です。CDでは4枚組でしたが、アナログ・レコードでは8枚組となります。

2014年の『Love Has Many Faces』はそもそもバレエ用に企画されたらしいですが、ジョニ・ミッチェル自身がキュレーターとなって53曲を編纂した作品です。53曲は4幕または4つのテーマ(CDでは1枚、LPでは2枚)にそってまとめられているので、コンピレーションというより、ジョニ・ミッチェルによる新たな作品という感じもしますね。音源はリマスターされているということです。

パッケージも、画家でもあるジョニ・ミッチェルによるアート・ワークが施されているものなので、今回のLPサイズの方が見応えは格段にありそうです。ちなみに画像では分かりにくいですが、これも写真ではなく自画像のペインティングでしょう。

CDはこちら

Love Has Many Faces 【CD】
Tower Records
Amazon

<< SACDラボ♪♪の「2018年 今年の1枚」はこのSACD | main | 【タワレコ限定SACD】朝比奈隆『ベートーヴェン交響曲全集、ミサ曲集』シングルレイヤー >>