カール・ベームの『モーツァルト 交響曲全集』SACDシングルレイヤー のジャケットが公開

カール・ベーム/モーツァルト:交響曲全集 Vol.1 【SACDシングルレイヤー 】
Tower Records
Amazon

カール・ベームがベルリン・フィルハーモニーと録音したモーツァルトの交響曲全集がSACDシングルレイヤーで発売になりますが、そのジャケット画像もアップされております。モーツァルトの肖像画という、国内盤でおなじみだったもの。見ただけでずっしりとしたアナログ・レコードの箱の感触が掌に蘇ります。

CDでは10枚組だったところ、SACDシングルレイヤー なので4枚組をVo.1とVol.2の2セットに分けて発売(合計で8枚組)。独Emil Berliner StudiosでDGのオリジナル・マスターから2018年制作のDSDマスターを使用。SHM仕様で盤面はレーザーの反射を抑えるグリーン・コート・レーベルを採用。

本家のユニバーサルからはいち早くBlu-ray Audioでも発売になっておりますが、音質のみならず曲へのアクセスなどSACDの方が断然聴きやすいと思いますので、そこがメリットです。

Vol.2はこちら

モーツァルト:交響曲全集 Vol.2 【SACDシングルレイヤー 】
Tower Records
Amazon

<< リパッティの『ブザンソン音楽祭における最後のリサイタル』がオリジナルRTF音源からCD化 | main | パーヴォ・ヤルヴィ&N響のSACD『マーラー:交響曲第6番「悲劇的」』が発売 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...