Stereo SoundからSACD、ヨーゼフ・ シゲティのブラームス、ブリテン指揮のモーツァルト

この情報は読者の大森あんこ さんからいただきました。ありがとうございました。

読者の大森あんこ さんに教えていただきましたが、ステレオサウンド(Stereo Sound)からまたSACDシングルレイヤー が発売になります。クラシックが2タイトルで、1月12日発売。いずれもSACDシングルレイヤーとCDの2枚組(同一内容)。

ブリテンのモーツァルトも有名なものですが、ヨーゼフ・シゲティの『ブラームス:ヴァイオリン協奏曲』もたぶんメジャーレーベル、タワレコ、エソテリックのどこからもSACD化されていない初SACD化と思います。

シゲティ(vn)のブラームス:ヴァイオリン協奏曲

シゲティ / ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 【SACD+CD・2枚組】
Stereo Sound ストア

ヨーゼフ・シゲティのヴァイオリン。ハーバート・メンゲス指揮ロンドン交響楽団。1959年録音。

ブリテン指揮のモーツァルト

ブリテン / モールァルト:交響曲第25番&第29番 【SACD+CD・2枚組】
Stereo Sound ストア

ベンジャミン・ブリテン指揮ヨーロッパ室内管弦楽団による1971年録音。

<< チェリビダッケのDG音源がCD33枚組で発売、自作「秘密の小箱」と英デッカのモノラル音源も含む | main | リパッティの『ブザンソン音楽祭における最後のリサイタル』がオリジナルRTF音源からCD化 >>