BISよりSACD フィンランドのヴァイオリニスト、クーシストによるバッハ:無伴奏ヴァイオリン

バッハ: 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ / ヤーコ・クーシスト 【2 SACDハイブリッド】
Tower Records

BISよりSACDハイブリッドが発売です。フィンランドのヴァイオリニスト、ヤーコ・クーシストによるバッハの『無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ』です。SACDハイブリッド2枚組。

ヤーコ・クーシストは1974年生まれ。現在はヴァイオリニストだけでなく、指揮者、作曲家としても活動していて、今年の8月からはクオピオ交響楽団の首席指揮者となっているそうです。

本作はセッション録音で、2015年、2016年、2017年の収録。場所はスウェーデンのオステルローケル教会。ジャケットがいい感じですね。

バッハ: 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ / ヤーコ・クーシスト 【2 SACDハイブリッド】
Tower Records

<< タワレコが“SONY、RCA系クラシックBOXセール” SACDはジンマンのマーラー全集がセール | main | チェリビダッケのDG音源がCD33枚組で発売、自作「秘密の小箱」と英デッカのモノラル音源も含む >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...