ビリー・ジョエル『ストレンジャー』40周年 SACDハイブリッド(5.1ch+2ch)+CDで発売

この情報は読者の吉田さんに教えていただきました。ありがとうございました。

ビリー・ジョエル/ストレンジャー 40周年記念デラックス・エディション [SACD Hybrid+Blu-spec CD2]
Tower Records
Amazon

読者の吉田さんに教えていただきましたが、ビリー・ジョエルの『ストレンジャー』の40周年記念デラックス・エディションが12月26日に発売になります。SACDハイブリッドとBlu-spec CD2の2枚組で、7インチ(18×18cm)紙ジャケ仕様。

SACDハイブリッドには、今はなきフィル・ラモーンのプロデュースによる5.1chサラウンド、テッド・ジェンセンによる2ch(2011年デジタル・リマスター)を収録。加えてCD層のみに、国内初CD収録の77年ナッソー・コロシアムLIVEから5曲をボーナストラック。

Blu-spec CD2には『ストレンジャー30周年記念盤』に収録された、1977年カーネギー・ホールLIVE音源をBlu-SpecCD2仕様にアップデートしたものを収録。

『ストレンジャー』はSACD初期にソニーミュージックがシングルレイヤー (2chのみ)でリリース。しかし昨年海外のLegasiyのSACDシングルレイヤーで今回と同じフィル・ラモーン、テッド・ジェンセン音源が出たのは記憶に新しいですが、今回の方が充実度が桁違いです。さすが国内企画だけあってこだわりが違います。当時の来日公演パンフレットやチラシやシングル・ジャケット復刻など付録もてんこ盛りです。内容を整理すると以下のとおり。

SACDハイブリッド
・フィル・ラモーンのプロデュースによる5.1chサラウンド音声
・2chはテッド・ジェンセンによる2011年デジタル・リマスター(国内未発売の現存する最新リマスター音源) ・(CD層のみ)ボーナストラック:1977年ナッソー・コロシアムLIVEからの5曲

Blu-spec CD2
・1977年カーネギー・ホールLIVE音源(『ストレンジャー30周年記念盤』に収録)をBlu-SpecCD2仕様にアップデート

特典・仕様

・『ストレンジャー・ツアー』1978年初来日公演パンフレット(6面三つ折り:リサイズ)<40年振り復刻>
・『ストレンジャー・ツアー』1978年4月23日(日)サンプラザホール公演チケット(実寸大)<40年振り復刻>
・『ストレンジャー・ツアー』初来日公演告知チラシ(おもて面は東京版、裏面は大阪版を再現:リサイズ)<40年振り復刻>
・『ストレンジャー』日本盤発売当時の告知ポスター(2種:リサイズ)<40年振り復刻>
・『ストレンジャー』からカットされた日本盤アナログ・シングル・ジャケット 3種(実寸大)〈40年振り復刻〉
・『ストレンジャー』オリジナルLP(国内盤)帯2種(初版を除く第2刷以降:リサイズ)<40年振り復刻> ※リバーシブル
・『ストレンジャー』2008年レガシー・エディション ブックレット(カラー24P:リサイズ)
・1978年発売のオリジナルLP(国内盤)ライナー・ノーツ
・2008年の30周年記念盤に寄稿された英文ライナーノーツ 完全翻訳と、
・78年リリース当時の日本の担当ディレクターが寄稿した<『The Stranger』発売の頃>、更に新規ライナーノー ツと歌詞・対訳を掲載した日本語ブックレット(モノクロ60P)

ビリー・ジョエル/ストレンジャー 40周年記念デラックス・エディション [SACD Hybrid+Blu-spec CD2]
Tower Records
Amazon

<< CD24枚組『ワンダ・ランドフスカの芸術』がタワレコでお安く | main | [CD]小澤征爾 15年ぶりのベートーヴェン“第九”録音が発売、水戸室内管弦楽団と >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...