カラヤン&ベルリン・フィルの57年初来日時のCD、公開ステレオ録音とブラ2+「未完成」の2タイトル

これはCDですが、NHKが収録したカラヤンとベルリン・フィルの1957年の初来日時の録音がCDで発売になります。これはベルリン・フィルの初来日。そしてベルリン・フィルに就任してまもないカラヤンの指揮となります。フルトヴェングラーが他界してまだ3年後という、フルトヴェングラー色の残るベルリン・フィルの音を聴く意味でも興味深い録音と思います。

1957年11月3日、旧NHKホールでの公開ステレオ収録

ワーグナー: 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲、R. シュトラウス: 交響詩「ドン・ファン」Op.20、ベートーヴェン: 交響曲第5番ハ短調Op.67「運命」 【CD】
Tower Records
Amazon

1957年11月3日。公演を前に、内幸町にあった旧NKHKホールでおこなわれた公開ステレオ収録。

この演奏会の模様は、当時NHKがAMの第1放送と第2放送を同時に使ってステレオ放送をした「立体音楽堂」という30分番組で放送された、とのこと。FM放送はまだ始まっていないので、その意味でも貴重なステレオ音源だと思います。

ただ放送枠に合わせて「運命」は第1楽章の提示部の繰り返しをカット。現在残っているマスターテープも同様のため本CDでもカットされている、とのこと。それもまた一つの歴史を感じることができそうです。

1957年11月4日と6日、日比谷公会堂でのライヴ(モノラル)

ブラームス: 交響曲第2番、シューベルト: 未完成 【CD】
Tower Records
Amazon

1957年11月4日と6日に日比谷公会堂でおこなわれたライヴの録音。モノラルです。「未完成」は初出音源。

<< BISよりSACD、ドイツの作曲家アポステル(1901-1972)の最初期のピアノ曲集 | main | 香港ユニーバサルのカーペンターズ、ダイアナ・ロスのベスト盤SACDが日本のAmazonにも >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...