エソテリック(Esoteric)からSACDが発売、クライバーのベートーヴェン第5&7番、ベームの「田園、他」

エソテリック(Esoteric)から楽しみにしているSACDハイブリッドが発表になりました。今回はカルロス・クライバーの『ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」&第7番』と、カール・ベーム&ウィーン・フィルの『ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」&シューベルト:交響曲第5番』です。どちらもグラモフォンの音源。12月10日発売。

クライバーの残した超名盤

カルロス・クライバー&ウィーン・フィル
ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」、第7番』【SACDハイブリッド】
楽天市場 ▶インザムード楽天市場店
楽天市場 ▶MC昭和

・ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」(録音1974年)
・ベートーヴェン:交響曲第7番(録音1975年)

カルロス・クライバーのベートーヴェンは、高音質盤には定番中の定番タイトルで、これをあえてエソテリックが選んだのは、こだわりがあるからでしょう。SACDハイブリッド、SACDシングルレイヤー、Blu-ray Audioと出揃っている本作のトリとして登場の感があります。聴き比べたい方も多いでしょう。

ベーム唯一のセッション録音による「田園」と晩年のシューベルト

カール・ベーム&ウィーン・フィル
ベートーヴェン:交響曲第6番 「田園」 、シューベルト:交響曲第5番 』 【SACDハイブリッド】
楽天市場 ▶インザムード楽天市場店
楽天市場 ▶MC昭和

・ベートーヴェン:交響曲第6番 「田園」(録音1971年)
・シューベルト:交響曲第5番 D.485(録音1980年)

カール・ベームの方は、ワルター盤と並んで人気のあった「田園」と、シューベルト第5番のカップリングというのが魅力です。「田園」はあまりに当時アナログ・レコードで人気だったので知らなかったのですが、これがベーム唯一のセッション録音による「田園」なのだそうです。若きシューベルトを円熟のベームが録音した第5番の方も興味深いです。

<< タワレコ限定CD、が7タイトル発売。ショルティ、バーンスタイン、トン・コープマンなど | main | BISよりSACD、ヴァンスカ指揮のマーラー・シリーズ第3弾、交響曲第2番「復活」 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...