ステレオサウンドからSACDシングルレイヤー 『アルベニス:スペイン組曲』『マーラー3番』

この情報は読者の大森あんこさんからいただきました。ありがとうございました。

読者の大森あんこさんから教えていただきましたが、ステレオサウンド(Stereo Sound)からSACDシングルレイヤー が2タイトルリリースです。

ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス指揮の『アルベニス:スペイン組曲』と、ズービン・メータの『マーラー:交響曲第3番』。いずれもSACD専用のシングルレイヤー なので、CDも一緒についています。発売は11月25日。ステレオサウンドのストアで予約できます。

昨日お伝えしたフルトヴェングラーのSACD22枚組も出ますし、これからエソテリックのSACDも出ると思われます。クラシックの高音質ファンの方には嬉しい悲鳴が続きそうですが、SACDが活況なことは嬉しいことであります(^-^)。

アルベニス:スペイン組曲(ブルゴス編)(SACD+CD・2枚組)
ステレオサウンド・ストア

マーラー:交響曲第3番(2SACD+2CD・4枚組)
ステレオサウンド・ストア

<< ベルリン・フィル自主レーベルより、フルトヴェングラーの戦時中の録音がSACDハイブリッド22枚で | main | パーヴォ・ヤルヴィ&ドイツ・カンマーフィルのSACD『ブラームス:交響曲第3番&第4番』が発売 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...