ベルリン・フィル自主レーベルより、フルトヴェングラーの戦時中の録音がSACDハイブリッド22枚で

画像は仮にイメージです

フルトヴェングラー 帝国放送局(RRG) アーカイヴ 1939-45 [22SACD Hybrid+DVD]
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様

年末商戦に向けて、クラシックファンには驚愕のSACDが発売です。

戦時中にドイツ帝国放送が収録したフルトヴェングラーとベルリン・フィルの放送録音を集成したボックス。SACDハイブリッド22枚組+DVD。

昔からフルトヴェングラーのメロディア音源は色々なレーベルから出ていましたが、それがSACDハイブリッドで出ることもさながら、リリースがBerliner Philharmonikerからというのも驚き。いうまでもなくベルリン・フィルの自主レーベルです。輸入元はキング・インターナショナル。

今回の音源のほとんどは、ソ連(ロシア)から返還されたテープで、オリジナル・テープを基本に、ベルリン・フィルが新たに28bit/96kHzkでのサンプリング、ということのようです。これまでCDで出ていた際に問題となったピッチについても、当時の正しい音程、速度を基準にしてサンプリング。紛失を考慮すると、当セットに収録されている音源が、現存する戦時のベルリン・フィルとフルトヴェングラーの演奏のすべてだと考えらる、とのこと。(以上、販売元情報より)

これは輸入盤:国内流通仕様なので、テープにまつわる解説も日本語訳付、フルトヴェングラーの貴重な映像を交えたドキュメンタリーを含むDVD1枚付き。収録曲はタワーレコードの方をご覧ください。

画像は仮にイメージです

フルトヴェングラー 帝国放送局(RRG) アーカイヴ 1939-45 [22SACD Hybrid+DVD]
Tower Records 輸入盤:国内流通仕様

 

<< クイーンの分冊百科が創刊開始。ハーフ・スピード・マスタリングの重量盤LP付き。創刊号は『オペラ座の夜』 | main | ステレオサウンドからSACDシングルレイヤー 『アルベニス:スペイン組曲』『マーラー3番』 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...