【タワレコ企画SACD】が発売、バーンスタインのベト「ミサ曲」、クナの「ポピュラーコンサート」など

〈タワーレコードオリジナル企画SACD〉が発売になります。バーンスタイン、クナッパーツブッシュ、ヨッフムの名盤が3タイトルが初SACDハイブリッド化。盤印刷面は緑色仕様。パッケージは通常ジュエルパッケージ仕様。

タワーレコードからは、先日の〈タワーレコード限定SACD〉のカレル・アンチェルに続いて連続でありますが、同じタワレコがらみのSACDハイブリッドでも〈タワーレコード限定〉と、コラボによる〈タワーレコードオリジナル企画〉とあるので、続いてしまうのでしょうね。

ともあれ発売になるのは、デッカ、グラモフォン、フィリップスのユニバーサルとの〈VINTAGE SA-CD COLLECTION 第14弾〉ですから嬉しいことであります。例によって「本国のオリジナル・アナログ・マスターテープから新規でミキシングと高品位デジタル化(2ch)後、本国の専任エンジニアにより最新マスタリング」とのこと。

バーンスタインの78年録音「ミサ・ソレニムス」

バーンスタイン/ ベートーヴェン: ミサ・ソレムニス 【SACDハイブリッド】
Tower Records

バーンスタインのロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団との1978年録音。歌詞対訳付き。 1979年のレコード・アカデミー賞 声楽曲部門受賞盤。アナログレコードの箱入りが印象深い方も多いはず。本SACDはジュエルパッケージですけど。

クナ&ウィーン・フィルの最後のDECCA録音

ハンス・クナッパーツブッシュ/ポピュラーコンサート<特別収録>ワーグナー: ジークフリート牧歌 【SACDハイブリッド】
Tower Records

クナッパーツブッシュとウィーン・フィルのコンビが1960年2月に録音した最後のデッカ録音。「くるみ割り人形」組曲、シューベルトのオケ編「軍隊行進曲」などを収録。特別収録として55年録音(モノラル)のワーグナー「ジークフリート牧歌」も収録。

ヨッフムのブル5番に、オルガン曲を特別収録

ヨッフム/ブルックナー: 交響曲第5番<特別収録> オルガン曲集(SA-CD層のみ) 【SACDハイブリッド】
Tower Records

1964年5月オットーボイレンのベネディクト修道院での、ヨッフムとロイヤル・コンセルトヘボウによるライヴ録音。

特別収録として、SACD層のみで、アダルベルト・マイアーのオルガン演奏でバジリカのオルガン曲を収録。これはLPだけに収録されていたもの。なお海外初出LPに収録されていた、鐘の音と修道院長の説教は収録されておりません。

<< イザベル・ファウストの過去3タイトルがSACDシングルレイヤーで発売 | main | Stereo Soundから尾崎亜美『Shot』『Air Kiss』がSACDハイブリッド化 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...