クーベリック&バイエルン放送響『マーラー交響曲全集』がBlu-ray Audioで発売

ラファエル・クーベリック/ Mahler: 10 Symphonies
Amazon US

ラファエル・クーベリックがバイエルン放送交響楽団と録音した『マーラー交響曲全集』がBlu-ray Audio(+10CD)で発売になります。今のところアメリカのAmazonでのみ予約開始となっております。

これは60年代末から70年代初頭にかけてドイツ・グラモフォンに録音された全集。まだマーラーが今ほど一般的になる前の全集録音で、バーンスタインやショルティの全集さえも進行中だったかもしれません。もちろんその後の世代、アバドやレヴァインのマーラー録音よりも前のものです。

Blu-ray Audioは24bit/96kHzで収録。CD10枚もオリジナル・ジャケットで収録されます。ジャケットはクリムトによる印象深いものでした。

なお第1番『巨人』とカップリングだった歌曲集《さすらう若人の歌》が入っているのかは今のところ分かりません。ジャケット写真での文字を見る限り載っていないようですが……。ちょうど第1番のジャケットが写っているのですが、文字が小さすぎて判読できません(^-^;。

あと1曲がCD2枚組になることもあるマーラーの交響曲で、CD10枚に全9曲+第10番「アダージョ」が入るのかなあ、と疑問も持つわけですが、CDはオリジナル・ジャケットで収録、とうたっているのですから、今は入るのでしょうね。

SACDでは第3番のみ、ハイレゾ配信では全集があり

クーベリックのマーラー全集というと、第3番のSACDシングルレイヤー (1枚)が再発売の予約中ですが、第3番以外がSACD化される可能性は今のところなさそうなので、全集で聞きたい方は今回のBlu-ray Audioがアリかと思います。

ちなみにハイレゾ配信では2年前にすでに全集が出ております。ハイレゾの全集は《さすらう若人の歌》は入っておりません。ただ交響曲第1番『巨人』のみハイレゾ配信されていて、こちらは《さすらう若人の歌》が収録されています。

いずれにしましてもハイレゾ配信ではジャケットがないので、そこも寂しいですね。クリムトを使ったオリジナル・ジャケットとなればなおさらでしょう。

ラファエル・クーベリック/ Mahler: 10 Symphonies
Amazon US

<< ラッシュ『Hemispheres』40周年スーパー・デラックス・エディション、Blu-ray Audioにサラウンド | main | クルレンツィス の『マーラー:交響曲第6番〈悲劇的〉』のジャケットがアップ、LPも発売 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...