ドイツ・グラモフォンからホロヴィッツ、アバドなどアナログレコードが3タイトル発売

ドイツ・グラモフォンからアナログレコードが発売になります。今回は3タイトル。

ホロヴィッツ・プレイズ・モーツァルト【LPレコード】

ホロヴィッツ・プレイズ・モーツァルト【LPレコード】
Tower Records

ホロヴィッツが87年にデジタル録音したモーツァルトのピアノ協奏曲第23番。レコードの片面はピアノ・ソナタ第13番です。協奏曲はジュリーニ、ミラノ・スカラ座との共演。グラミー賞受賞歴が多いホロヴィッツですが、本作もグラミー賞受賞。

クラウディオ・アバド/ロッシーニ: 序曲集【LPレコード】

クラウディオ・アバド/ロッシーニ: 序曲集【LPレコード】
Tower Records

アバドがロンドン交響楽団と1971年、75年に録音したロッシーニの序曲集。ロッシーニ没後150年記念でした。オリジナル・ジャケットで復活。

1900年代初期の貴重な歴史的録音集【LPレコード】

シェラック盤の時代〜1912 - 1936年歴史的録音【LPレコード】
Tower Records

見たことがないレコードでしたが、なんでもドイツ・グラモフォンとグーグル・アーツ・アンド・カルチャーが提携しているシェラック・プロジェクトの一環として誕生した録音集とのこと。詳細はタワーレコードの方に載っていますが、作曲家マスカーニ自身の指揮で『カヴァレリア・ルスティカーナ』間奏曲とか、ルイ・アームストロング&オーケストラの録音など、興味深いです。

<< イザベル・ファウストのバッハ「無伴奏」が余裕のカッティングのLP6枚組で発売 | main | タワレコ限定SACD『アイーダ』の、ソプラノ歌手モンセラート・カバリエさんが死去 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...