PENTATONEよりSACD、ロストロポーヴィチが委嘱したルトスワフスキとデュティユーのチェロ協奏曲

ルトスワフスキ&デュティユー: チェロ協奏曲/ヨハネス・モーザー【SACDハイブリッド】
Tower Records

PENTATONEの新しいSACDは、ロストロポーヴィチのために作曲されたルトスワフスキとデュティユーのチェロ協奏曲2篇です。チェロはヨハネス・モーザー。トーマス・センデゴー指揮ベルリン放送交響楽団との演奏です。11月20日発売予定。

大戦後のポーランドの作曲家ルトスワフスキ(1913-1994)、フランスの作曲家アンリ・デュティユ(1916-2013)。彼らにロストロポーヴィチが委嘱したチェロ協奏曲を収録。どちらも1970年の作品のようです。

PENTATONEの高音質とあいまって、どんな音楽家興味深いSACDです。録音は2017年と2018年、ベルリン放送局本館にて

(1)ヴィトルト・ルトスワフスキ:チェロ協奏曲(1970)
(2)アンリ・デュティユー:チェロ協奏曲「遥かな遠い国へ」(1970)

ルトスワフスキ&デュティユー: チェロ協奏曲/ヨハネス・モーザー【SACDハイブリッド】
Tower Records

<< BISよりSACD、ヨルゲン・ファン・ライエン指揮&トロンボーンの“バッハ&ペルト曲集” | main | PENTATONEからSACD、ゴスペル・コーラスによるクリスマス・キャロル集 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...