Challenge Classicsからハーグ・レジデンティ管弦楽団『シューベルト:交響曲第2番、第4番』SACDが発売

シューベルト:交響曲第2番、第4番/ヤン・ヴィレム・デ・フリエンド、ハーグ・レジデンティ管弦楽団【SACDハイブリッド】
Tower Records

チャレンジ・クラシックス(Challenge Classics)から、『シューベルト:交響曲第2番、第4番』のSACDが発売です。ハーグ・レジデンティ管弦楽団と首席指揮者のヤン・ヴィレム・デ・フリエンドの演奏。リリースは10月10日発売予定です。

レーベルでは、このコンビでシューベルト全集の録音を進めるそうで、今回はその第1弾となります。録音は2017年8月、ハーグ にて。

<< ジミヘン『エレクトリック・レディランド』のLP+BD、CD+BD、輸入盤国内盤ともタワ、Amazonで予約可能 | main | BISよりSACD、ヨルゲン・ファン・ライエン指揮&トロンボーンの“バッハ&ペルト曲集” >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...