PENTATONEにルネ・ヤーコブスが登場!『シューベルトの交響曲第1番&第6番』SACDが発売

シューベルト: 交響曲第1 & 6番/ルネ・ヤーコプス
Tower Records

PENTATONEからルネ・ヤーコブスのSACDが初めて登場します。それも初のシューベルト、交響曲第1番と第6番です。11月10日発売。

演奏はこれもPENTATONEでの初の共演(Archivではあり)となるビー・ロック・オーケストラ(B’Rock Orchestra)、ベルギーのオリジナル楽曲のオーケストラです。

ルネ・ヤーコブスはこれまで、ハルモニア・ムンディでモーツァルトのオペラやバッハの宗教曲のSACDをリリースしてきましたが、いつしかハルモニア・ムンディはSACDを出さなくなってしまい、ヤーコブスのSACDが聴けないのを残念に思っていました。今回のPENTATONEでのヤーコブスの登場はクラシック・ファンにとっては喜びでしょう。今後も楽しみですね。

なおビー・ロック・オーケストラ(サイトはこちら)はベルギー・バロック・オーケストラと呼ばれ書かれることもあるようです。タワーレコードの商品ページではベルギー・バロック・オーケストラになっています。

シューベルト: 交響曲第1 & 6番/ルネ・ヤーコプス
Tower Records

<< ピクシーズの『COME ON PILGRIM - IT'S SURFER ROSA』30周年記念版、アナログレコードで発売 | main | 2Lより“Blu-ray Audio““SACD““Auro-3D““MQA-CD“収録の2枚組 7.1.4サラウンドまで >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...