ウルトラセブン50周年、リパッティ『シューマン&グリーグ:ピアノ協奏曲』スリーブデザインはこれ

シューマン&グリーグ:ピアノ協奏曲(2018 DSD 11.2MHzマスターによる) ウルトラセブン50th & リパッティ100th【SACD】
Tower Records
Amazon

以前書いたウルトラセブン放送50年、リパッティ生誕100年記念のSACDシングルレイヤー『シューマン&グリーグ:ピアノ協奏曲』ですが、スリーブケースの画像がアップされました。高橋キンタロー氏描き下ろしとのこと。

リパッティとウルトラセブンをどう描くかと思っていましたが、なるほど、これはこれで合うかと思いました。 なおこれはスリーブケースで、中には4種類のオリジナル・ジャケットを復刻して掲載してあるそうです。パッケージの内容を掲載したページがタワーレコードのこちら(の下の方)とAmazonの商品ページにあります。

<< 牧野良幸がポール・マッカートニー『エジプト・ステイション』のハイレゾの試聴したエッセイ | main | ユニバーサルから多数の定番タイトルSACDが11月と12月に発売。 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...