ChandosよりSACD『ベルリオーズ:レクイエム』ガードナーの2018年ベルゲン国際音楽祭でのライヴ録音

ベルリオーズ: レクイエムOp.5(死者のための大ミサ曲)【SACDハイブリッド】
Tower Records

Chandosから10月10日にSACDが発売予定です。ベルリオーズの「レクイエム(死者のためのミサ曲)」。

演奏は若きイギリスの指揮者エドワード・ガードナー。そしてノルウェーの名門オーケストラ、ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団です。

ベルリオーズの「レクイエム」は大編成のオーケストラと4組の金管アンサンブル(バンダ)となりますので、SACDで音響がどうなるか楽しみな曲です。録音は2018年5月ベルゲン国際音楽祭でのライヴ、ノルウェーのグリーグホールでの収録です。下の動画は合唱リハーサル風景。

ベルリオーズ: レクイエムOp.5(死者のための大ミサ曲)【SACDハイブリッド】
Tower Records

<< PENTATONEからSACD、ゴードン・ゲッティの管弦楽付き合唱作品集 | main | ChandosよりSACD、“ホルスト:管弦楽作品集”の第4弾が10月に発売 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...