PENTATONEからSACD、ゴードン・ゲッティの管弦楽付き合唱作品集

ゴードン・ゲッティ: 美女が踊りながらやってくる【SACDハイブリッド】
Tower Records

PENTATONEから10月20日にSACDが発売になります。ゴードン・ゲッティ(1933年生まれ)作曲の管弦楽付き合唱作品集です。

本作はアルバムタイトルとなった「美女が踊りながらやってくる」ほか、ゲッティの思い入れのある詩人の詩を用いた合唱曲を11曲収録。演奏はジェイムズ・ガフィガン指揮オランダ・フィルハーモニー管弦楽団。合唱はオランダ放送合唱団。録音は2017年で収録曲は以下のとおり。

ゴードン・ゲッティ作曲:
1.夜の老人(詩:ゴードン・ゲッティ)
2.朝の老人(詩:ゴードン・ゲッティ)
3.バレエ・リュス(詩:ジョン・メイスフィールド)
4.シェナンドー(伝承)
5.いたずら小僧がいた(詩:ジョン・キーツ)
6.最も愛した者たち(詩:サラ・ティーズデール)
7.美女が踊りながらやってくる(詩:ゴードン・ゲッティ)
8.死せるレディに(詩:エドウィン・アーリントン・ロビンソン)
9.センナケリブの破滅(詩:バイロン卿)
10.シナーラ(詩:アーネスト・ダウスン)
11.つれなき美女(詩:ジョン・キーツ)

ゴードン・ゲッティ: 美女が踊りながらやってくる【SACDハイブリッド】
Tower Records

<< Master MusicのSACDハイブリッドが多数Amazonにアップ、昔のも含めて紹介 | main | ChandosよりSACD『ベルリオーズ:レクイエム』ガードナーの2018年ベルゲン国際音楽祭でのライヴ録音 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...