BISよりSACD、プロムシュテット指揮でヴィルヘルム・ステーンハンマルの交響曲第2番ほか

ステーンハンマル: 交響曲第2番&セレナード
ヘルベルト・ブロムシュテット 、 エーテボリ交響楽団【SACDハイブリッド】
Tower Records

BISよりヘルベルト・プロムシュテット指揮のSACDハイブリッドが10月20日に発売。

曲はストックホルム生まれの作曲家ヴィルヘルム・ステーンハンマル(1871–1927)の交響曲第2番と「セレナード」。オーケストラはヨーテポリ交響楽団です。録音は2013年。

ヴィルヘルム・ステーンハンマルがどんな作曲家か不勉強ですが、シベリウスと親しかったようです。ステーンハンマルは弦楽四重奏曲第4番をシベリウスに、シベリウスは交響曲第6番を彼に献呈しているとのこと。BISならではのSACDですね。

ステーンハンマル: 交響曲第2番他/ブロムシュテット【SACDハイブリッド】
Tower Records

<< OndineレーベルからSACD、フィンランドの作曲家リンドベルイの最新作2曲を世界初録音 | main | Jazzオーディオ・ファイルにおなじみMaster Musicの、SACDコンピレーション盤が発売 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...