メシアン『アッシジの聖フランチェスコ』2017年日本初演ライヴCDが、タワレコで2位

メシアン: 歌劇《アッシジの聖フランチェスコ》(全3 幕8景)【4CD】
Tower Records

これはCDですが、読売日本交響楽団と常任指揮者のカンブルランが2017年におこなったメシアンのオペラ『アッシジの聖フランチェスコ』全曲版国内初演ライヴがCD4枚組で発売になります。解説、歌詞対訳付き。

これは2017年11月、サントリーホールでのライヴ録音。演奏時間は4時間強。休憩をはさんでの公演時間は5時間半に及んだもの。9人のソロ歌手、40近い打楽器、10パートからなる合唱など、目もくらむような巨大オペラであります。

80年代の世界初演は小澤征爾によるものでしたが、このCDの2017年日本初演も歴史的なものでしょう。SACDラボ♪♪は「ついにやるんだー」とコンサートの情報を知りつつもチケットを買わなかったのでした。今から考えれば大後悔しております(TдT)

それにしても、クラシック好きでさえちょっと二の足を踏む『アッシジの聖フランチェスコ』。このCDが9月4日16時現在、タワーレコードの「デイリー予約ランキング」で2位だというのですから、タワレコのクラシック・ファンというのは、すごくマニアックだなあと感心した次第です。みなさん熱い(^-^)

メシアン: 歌劇《アッシジの聖フランチェスコ》(全3 幕8景)【4CD】
Tower Records

<< チェロの名手ピアティゴルスキーのコロンビア/RCA録音のCDボックス、うち48作品がリマスター | main | 作曲家没後150周年『ロッシーニ・エディション』CD50枚組がワーナー・クラシックスから発売 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...