藤本国彦『ビートルズはここで生まれた』ディープでファン視点なビートルズ巡りの本

ビートルズはここで生まれた 聖地巡礼 from London to Liverpool/藤本国彦 著
Amazon
Tower Records
楽天市場

元CDジャーナル編集長で、現在はビートルズ関連の著作企画をしている藤本国彦『ビートルズはここで生まれた 聖地巡礼from London to Liverpool』です。本書は藤本氏と、藤本氏が名古屋で持っているビートルズ講座のメンバーの総勢20名で、ロンドンとリヴァプールに「ビートルズ・ツアー」に行った旅を綴った本です。いわゆるビートルズゆかりの地を巡るツアー。

しかしビートルズに詳しい藤本氏の企画なので、とおり一辺倒の場所ばかりではありません。むしろ普通のビートルズ・ファンでも知らないようなディープなところばかり。

読んでいて一番ディープだと思ったのはリヴァプールのピート・ベストの母親の店カスパ・コーヒー・クラブで、地下室にはデビュー前のジョンが名前をナイフで掘ったあとがあったり、ポールがペンキ塗りをした天井があったり。はるか極東の日本人たちがここまで訪れるのは珍しい。

定番とも言えるアビイ・ロードでもツアーは凝っていて、横断歩道の写真が上手く撮れるように午前中に行ったりと、全て「ビートルズのため」という、ツアー全員の覚悟が読んでいて伝わってきます。

この本を読んでいて面白いのは、ただのガイドブックではなく、藤本氏がビートルズ・ファンの視点で書いているからでしょう。掲載写真も、本人たちがポーズを取ってビートルズになりきって写っているところがミソ。そこに自分を当てはめてニンマリしちゃいます。

本書は将来ロンドンやリヴァプールでビートルズゆかりの地を訪ねたい方にはベストのガイドブックになると思います。ぜひトランクに詰めてご出発ください。既に行ったことがある人でも、ここまでディープなビートルズ巡りはしていないでしょう。

ビートルズはここで生まれた 聖地巡礼 from London to Liverpool/藤本国彦 著
Amazon
Tower Records
楽天市場

<< [CD]チェリビダッケとミュンヘン・フィルのライヴ音源が発売。ラヴェルの「ダフニス」など | main | カルロス・クライバーの全DG録音が24bit Blu-ray Audio1枚で発売。「トリスタン」のみ16bitも7千円台という格安 >>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...